自社内の有資格者と設備保有率は同規模の企業と比較してトップクラスです。工事内容の多様性と工期の正確性や即時性に対して、大きなアドバンテージを持っています。

国土交通省では,「ICTの全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入する取り組みであるi-Constructionを進めています。
森建設はi-Constructionをいち早く導入し、調査・測量から設計,施工,検査,維持管理・更新までのあらゆる建設生産プロセスにおいて、3次元データを全面的に導入し、土工における抜本的な生産性の向上を図ることを目指しています。
空中三角測量の流れ
空中写真の幾何学的性質を利用し、既知の基準点や標定点などの座標をもとに、図化の際の標定に必要なパスポイントとタイポイントの水平位置と高さを求める方法です。
舗装の設計はアスファルト系やコンクリート系をはじめとした多種多様な工法があります。
森建設ではお客様の用途に合わせ、それぞれの舗装に要求される材料や工法を提案します。
半たわみ舗装
半たわみ性舗装は、開粒度アスファルト混合物の空隙に、特殊セメントミルクを浸透させた舗装です。
セメントミルクの浸透深さによって全浸透型と半浸透型があり、一般に車道には全浸透型を用います。
特殊セメントミルクの種類には普通タイプ・早強タイプ・超速硬タイプがあり、各タイプの浸透作業後の養生時間はそれぞれ3日、1日、3時間程度です。
 一般の密粒度アスファルト舗装に比べて、塑性変形抵抗性、明色性、耐油性および難燃性に優れます。
特徴
● 塑性変形抵抗性に優れ、わだち掘れの発生を抑制できます
● 耐油性と難燃性に優れています
● 明色効果があり、顔料の添加で着色することもできます
● 交差点付近、バスターミナル、料金所などの耐流動性
  が要求される箇所
● パーキングなどの耐流動性、耐油性が要求される箇所
● トンネル内などの明色性が要求される箇所
● バスレーンなどの耐流動性、視認性が要求される箇所
● 公園、商店街、建築外構などの景観性が要求される箇所
トップページ 業務案内 実績紹介 企業紹介 お問い合わせ
〒308-0127
茨城県筑西市関本下46-1
TEL:0296-37-3227
FAX:0296-37-6010